虫歯予防になる

甘味料としてのオリゴ糖の別の注目内容の一つに虫歯になりにくい性質であることが挙げられます。
砂糖と言えば虫歯になるというのはよく知られています。
肥満にならないだけではなく、虫歯予防もできる糖分です。

虫歯の仕組みは、口内にあるミュータンス菌が歯などに付着している糖分を餌として、酸を出します。
これが歯の表面を溶かすことで、虫歯になってしまうとされています。
ですから、ものを食べた後に、食べかすとともに歯に付着する糖分を取り除くことが必要とされています。

歯磨きの目的として、虫歯予防は大きいなものですが、完璧にとることができなかったり、歯磨きができない時など、虫歯の懸念があります。

特に小さなお子さんがいらっしゃる親にとっては、子供に甘いものを与えたいけれど、虫歯が心配とされている方も少なくありません。
そこでオリゴ糖です。
オリゴ糖の糖分は、ミュータンス菌が栄養とできる成分ではないとされています。
ですから、歯に付着していたとしても虫歯になりにくいとされています。

砂糖などと同じ甘みがあるのですから、普段の生活で砂糖をオリゴ糖にするだけで、しっかりと虫歯予防ができます。
子供だけではなく、大人にとってもこのメリットはとても大きいとされています。

肥満予防になる

ダイエットに良いとされるオリゴ糖は、単純に腸内環境を良くするからです。
乳酸菌が多いヨーグルトに入れるだけで、善玉菌を倍増させることができます。
ですから、ダイエットをしたい方は、甘味料がオリゴ糖のものを手にしたいという方も多いことでしょう。

最近は、ダイエット食品やお菓子などにも入っているものが多いのですが、過信してはいけないのが、どのくらいの量が含まれているかということです。
表示に甘味料としてすべてがオリゴ糖なのか、パーセンテージを確認してください。

オリゴ糖入りのものだから、即効果を期待するのではなく、100%の甘味料がオリゴ糖であるかを見た上で、ハッキリとしたオリゴ糖の効果を享受されることオススメします。
物によっては10%程度のオリゴ糖が入っていることで、この甘味料はオリゴ糖を使用していますと表示しているものがあり、この場合オリゴ糖の効果も少ないとみてよいでしょう。

せっかくのダイエットのためにカロリーオフと腸内環境を万全にしていれるオリゴ糖を使用したものを食べて効果を期待しているのに、さっぱり効果がないというのでは、確かなダイエットができることができないので、表示には注意してみてください。

成分表示に注意

オリゴ糖には、◯◯オリゴ糖というようにその原材料によって種類に分けられます。
その内容の違いは甘さだったり、製造過程などが違うとされています。
細かく見ていくと、肥満に良いものとか、腸内環境で善玉菌を増加させる事ができるなど、使い分けをするのも良いです。

しかし、オリゴ糖全体として、同じような成分や効果になると思ってよいでしょう。
気にするとしたら、自身が持つアレルギーなどの関係で、大豆、牛乳などから作られることから、その原材料に過剰反応をする場合には、他の原材料から作られるオリゴ糖を手にすることをオススメします。

オリゴ糖は多糖類とは違い、単糖が数個つながった形をしていて、現在20種類ほどみつかっています。
ちなみに、ご飯や穀物 多く含まれているブドウ糖は単糖がたくさんつながっている多糖類と呼ばれるものです。

多くの種類があるのは、それぞれの植物に独自な糖が含まれているからで、共通した特徴として、胃や小腸で吸収されにくい性質を持っていて、腸までしっかりと届くとされています。
普段から、日常の甘みをオリゴ糖にすることで、今まで腸にトラブルを抱えていたという方が快適になっていったという話は良く耳にすることです。

健康な砂糖?

食生活の中で糖の働きはとても大切なものです。
生命維持に不可欠な存在ですが、同時に摂り過ぎることで、肥満の原因になったり、様々な疾病を及ぼします。
市場では、様々な糖が市販されていますが、最近注目されているのがオリゴ糖です。
オリゴ糖入り◯◯などという商品も多くありますが、これは健康によい糖であるからです。
様々な糖を持つ植物から作り出すこともできる糖分で、料理やお菓子にもきちんと甘さを出すことができます。

このオリゴ糖が注目される理由として、低カロリー、虫歯になりにくい、腸内環境を整えると言われています。
同じ甘みを出す時に、オリゴ糖を入れることで、これらの健康に良い効能があります。
特に腸内環境を整えることで、善玉菌であるビフィズス菌の餌になるとされていて、腸の健康に役立つ糖分とされています。

もちろん甘みがあることで、普通の砂糖と同じように使用することができるのですが、カロリーオフも期待ができダイエットにも役立ちます。
健康とダイエットに良いと聞けば、普通の砂糖ではなくすべての甘みをオリゴ糖にしてヘルシーな食生活を送る事はオススメできることです。

様々な種類のオリゴ糖が存在しますが、甘味料としてだけではなく、野菜などにも天然のオリゴ糖が含まれています。
しかし、その量は少ししかなく、やはり人工甘味料として加工されたものを日常的に使用することが良いでしょう。
食べ過ぎるとおなかが緩くなりやすいと言われていますが、便秘の方は解消ができると期待されています。

外部リンク《便秘をスッキリさせるオリゴ糖 – カイテキオリゴ》